最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

パリの日々 言語哲学者の休暇、あるいは字幕翻訳者のプロローグ

  • 68 読みたい
  • 41 現在読んでいるもの

発行元 none .

    Download パリの日々 言語哲学者の休暇、あるいは字幕翻訳者のプロローグ 本 Epub や Pdf 無料, パリの日々 言語哲学者の休暇、あるいは字幕翻訳者のプロローグ, オンラインで書籍をダウンロードする パリの日々 言語哲学者の休暇、あるいは字幕翻訳者のプロローグ 無料で, 本の無料読書 パリの日々 言語哲学者の休暇、あるいは字幕翻訳者のプロローグオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 パリの日々 言語哲学者の休暇、あるいは字幕翻訳者のプロローグ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  丸山 直子 著, 丸山 垂穂 著
    • 発売日:  2020年10月26日
    • 出版社:  三修社
    • 商品番号:  9784384811377
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    1978年、かの大著『ソシュールの思想』を世に問う前夜、丸山圭三郎は、家族を伴いパリに一年間暮らした。


    パリで一服の解放感を味わう夫と、現地でことばを覚え、とまどいながらもフランスにとけこんでゆく娘。その生き生きとした姿を、当時のパリの空気とともに、妻であり母親の視点から描く。

    ーーーそして娘は字幕翻訳者への道を選ぶ。

あなたも好きかもしれません

パリの日々 言語哲学者の休暇、あるいは字幕翻訳者のプロローグ by none ダウンロード PDF EPUB F2