最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

週刊文春 トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側 (イースト新書)

  • 26 読みたい
  • 80 現在読んでいるもの

発行元 大下英治 .

    Download 週刊文春 トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側 (イースト新書) 本 Epub や Pdf 無料, 週刊文春 トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側 (イースト新書), オンラインで書籍をダウンロードする 週刊文春 トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側 (イースト新書) 無料で, 本の無料読書 週刊文春 トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側 (イースト新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 週刊文春 トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側 (イースト新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大下英治
    • レーベル:  イースト新書
    • シリーズ名:  週刊文春 トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側
    • 発売日:  2018年11月08日
    • 出版社:  イースト・プレス
    • 商品番号:  4915613690001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    週刊文春前編集長 新谷学氏との対談収録!


    三越の女帝・竹久みちと岡田社長解任事件、『白い巨塔』田宮二郎のM資金自殺、

    島倉千代子を操る細木数子、「越山会の女王」娘の告白、

    ジャニーズ帝国、電通のタブー、小佐野賢治、横井英樹、児玉誉士夫の闇……。


    「文春砲」は、ここからはじまったー


    「トップ屋」とは、各週刊誌で“巻頭記事”を執筆するフリーのジャーナリストやライターのことで、昭和三〇年代週刊誌創刊ブームのころから、そう呼ばれていた。

    大下は、昭和四〇年代から五〇年代にかけて『週刊文春』のトップ屋として多くのスクープを生み出した。

    本書は、政財界から芸能、闇社会に蠢く“昭和の怪物たち”の裏の顔に鋭く迫った男が、その舞台裏を描いた大作ノンフィクションである。

    社会に激震を与えたスクープはいかにして生み出されたのか?

    脈々と受け継がれる「文春砲」の秘密がここにある。

あなたも好きかもしれません

週刊文春 トップ屋魂 名物記者が語るスクープの裏側 (イースト新書) by 大下英治 ダウンロード PDF EPUB F2