最後に編集されたのは 管理者
24.11.2020 | 歴史

お坊さんとお茶を 孤月寺茶寮三人寄れば (集英社オレンジ文庫)

  • 38 読みたい
  • 54 現在読んでいるもの

発行元 真堂樹 .

    Download お坊さんとお茶を 孤月寺茶寮三人寄れば (集英社オレンジ文庫) 本 Epub や Pdf 無料, お坊さんとお茶を 孤月寺茶寮三人寄れば (集英社オレンジ文庫), オンラインで書籍をダウンロードする お坊さんとお茶を 孤月寺茶寮三人寄れば (集英社オレンジ文庫) 無料で, 本の無料読書 お坊さんとお茶を 孤月寺茶寮三人寄れば (集英社オレンジ文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 お坊さんとお茶を 孤月寺茶寮三人寄れば (集英社オレンジ文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  真堂樹, 木下けい子
    • レーベル:  集英社オレンジ文庫
    • シリーズ名:  お坊さんとお茶を
    • 発売日:  2016年08月19日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4823099900003
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    クールな美形僧侶・空円と水商売系僧侶・覚悟の営む孤月寺で、見習いとして働く三久。寺を訪れた老師から空円の過去を聞き、少し近づけたような気がしていたが、そんな時実家の和菓子店を継ぐように言われてしまう。同じ頃、覚悟にも海外修業の話がもちあがり、三人の寺での生活に終わりが近づいて…。三久の出した結論は? かみ合わない坊主トリオの下町人情譚!

あなたも好きかもしれません

お坊さんとお茶を 孤月寺茶寮三人寄れば (集英社オレンジ文庫) by 真堂樹 ダウンロード PDF EPUB F2

孤月寺の三人が、それぞれ新たな道へと進み、シリーズ終了か…と思わせる展開でしたが、結局元通り、かな??。
今回は世俗のしがらみに翻弄された感じでした。空円さんと覚悟さんの、友達のようなそうでないような、二人が孤月寺に来ることになった逸話は、ちょっとしんみりしてしまいました。