最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

評定所留役 秘録 : 3 天領の夏蚕 (二見時代小説文庫)

  • 97 読みたい
  • 62 現在読んでいるもの

発行元 牧秀彦 .

    Download 評定所留役 秘録 : 3 天領の夏蚕 (二見時代小説文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 評定所留役 秘録 : 3 天領の夏蚕 (二見時代小説文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 評定所留役 秘録 : 3 天領の夏蚕 (二見時代小説文庫) 無料で, 本の無料読書 評定所留役 秘録 : 3 天領の夏蚕 (二見時代小説文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 評定所留役 秘録 : 3 天領の夏蚕 (二見時代小説文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  牧秀彦
    • レーベル:  二見時代小説文庫
    • シリーズ名:  評定所留役 秘録
    • 発売日:  2020年02月01日
    • 出版社:  二見書房
    • 商品番号:  7275000001944
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    評定所に吹き荒れる嵐。天領の代官への訴追に潜む狡猾な企みとは?


    新任の留役組頭が評定所を牛耳らんと古参組頭に罠!

    代官はなぜ年貢米よりも、養蚕を領民に勧めたのか?

    上州の農民が真実を明かす。


    任地の上州で代官の権限を私し、年貢米を差し置いて領民たちに増産させた絹織物の売り上げを献上させ、私腹を肥やした──。折しも新任の留役組頭の『策謀』に揺れる評定所に送られてきた代官は、新任組頭と苦闘中の古参組頭の『恩人』だった。『罠』だ。謹厳実直で名を馳せた『恩人』を救え……。元留役の結城峰太郎と次男坊の小次郎、目付・遠山景晋の息子金四郎は上州へ。

あなたも好きかもしれません

評定所留役 秘録3 天領の夏蚕 (二見時代小説文庫) by 牧秀彦 ダウンロード PDF EPUB F2