最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫 (ブルーバックス)

  • 26 読みたい
  • 16 現在読んでいるもの

発行元 審良静男 .

    Download からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫 (ブルーバックス) 本 Epub や Pdf 無料, からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫 (ブルーバックス), オンラインで書籍をダウンロードする からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫 (ブルーバックス) 無料で, 本の無料読書 からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫 (ブルーバックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫 (ブルーバックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  上野川修一
    • レーベル:  ブルーバックス
    • シリーズ名:  からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫
    • 発売日:  2014年07月04日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000016746
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    進化をきわめた「おどろきの臓器」。実は「体外」だった! 年間1トンもの食べ物を消化・吸収し、たえず病原菌にもさらされる「内なる外」=腸。眼や口、呼吸器にまで目を光らせる最強の免疫器官であり、独自の遺伝子をもつ「腸内細菌」との共進化の場でもある。1億個ものニューロンを擁し、「第二の脳」とも呼ばれる驚異の「腸」能力とは? (ブルーバックス・2013年4月刊)

あなたも好きかもしれません

からだの中の外界 腸のふしぎ 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫 (ブルーバックス) by 審良静男 ダウンロード PDF EPUB F2