最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

サウンド&レコーディング・マガジン 2020年10月号

  • 56 読みたい
  • 59 現在読んでいるもの

発行元 none .

    Download サウンド&レコーディング・マガジン 2020年10月号 本 Epub や Pdf 無料, サウンド&レコーディング・マガジン 2020年10月号, オンラインで書籍をダウンロードする サウンド&レコーディング・マガジン 2020年10月号 無料で, 本の無料読書 サウンド&レコーディング・マガジン 2020年10月号オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 サウンド&レコーディング・マガジン 2020年10月号 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 編集:  サウンド&レコーディング・マガジン編集部
    • 発売日:  2020年08月25日
    • 出版社:  リットーミュージック
    • 商品番号:  4690040191000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    *この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    表紙&巻頭インタビュー:Official髭男dism


    ●巻頭インタビュー

    Official髭男dism

    藤原聡が語る『HELLO EP』制作とステムの公開

    活動の背景に宿る“バンドのアティチュード”とは?


    「Pretender」などの楽曲が各ストリーミング・サービスで圧倒的な再生回数をたたき出し、“ヒゲダン”の愛称とともに、その名を世に知らしめた4人組=Official髭男dism。本誌は2019年12月号でアルバム『Traveler』についての巻頭企画を行い、ソウルやディスコにも根差す楽曲のプロダクションに迫ったが、それから1年とたたないうちに4曲入りの新作『HELLO EP』が届いた。シングル『I LOVE...』を挟んでのリリースとなった本作は、バンドのエネルギーをオープンなサウンドで表現した一枚。エレクトロニクスの使用を最小限にとどめ、メロディとアンサンブルをよりストレートに響かせている。その音像と同じく注目すべきなのは“ステムの公開”。楽曲のリズム隊や上モノなどをグループ単位で分解して聴けるのだろうが、どのような意図の下で行われたのだろう? フロントマンの藤原聡に尋ねてみると、それはバンドとしての姿勢=アティチュードにも通じるものであった。インタビューの一部始終をお伝えしよう。


    ●特集

    banvox新曲を題材に3人の巧者が挑む

    リミックス制作の極意


    ある曲を元にして新たな楽曲を生み出す手法の一つ、リミックス。古くからダンス・ミュージック・シーンをはじめ、さまざまな音楽ジャンルで盛んにリミックスが行われている。この特集では、国内外で活躍するプロデューサー/DJのbanvoxがステム・データを提供し、それを異なる音楽ジャンルの敏腕ビート・メイカー3人が独自にリミックス。3人それぞれの発想や着眼点、音楽性、リミックス制作のコツなどを楽しんでいただきたい。さらには、読者を対象としたリミックス・コンテストも開催! ぜひあなたもチャレンジしてみてもらいたい。

    【リミキサー】

    ◎Carpainter

    ◎食品まつり a.k.a foodman

    ◎DJ WATARAI


    ●特別企画

    制作&ライブを革新するDAW

    Studio One 5の深淵


    2009年のリリース以来、着実にユーザー数を増やし、今や主要DAWの一つに数えられるPRESONUS Studio One。この7月にはバージョン5へとアップデートし、ますます魅力的な仕様となった。特筆すべきはスコア・ビュー、クリップ・ゲイン・エンベロープ、ライブ用ショー・ページ、ミキサーのシーン保存、64ビット・フロート/384kHzでの録音&再生といった新機能の数々。付属のプラグイン・エフェクトも進化し、リニア・フェイズのローカット・フィルターを備えたPro EQ2、新モード搭載のLimiter2、サチュレーターを追加したAnalog Delay、Rotor、Tricomp など、よりモダンな音楽に向けた布陣だ。既に“試してみたい!”と思っている方も居るだろうが、Studio One 5のディープな世界に分け入るべく、プロ・クリエイターらのレポート&インプレッションをお届けするとしよう。


    ◎Chester Beatty がいざなうStudio One 5の世界

    ◎Yuichiro KotaniのStudio One流トラック・メイク術

    ◎櫻木大悟(D.A.N.)は、Studio Oneをどう見るか?

    ◎Studio One ヘビー・ユーザーが告ぐ!~砂原良徳、Chihei Hatakeyama、松隈ケンタ、浅田祐介、Gonno、in the blue shirt、毛蟹(LIVE LAB.)


    ●PEOPLE

    ◎[Alexandros]

    ◎松武秀樹(Logic Sysytem)

    ◎朝日美穂


    ●Beat Makers Laboratory

    ◎Linn Mori


    ●REPORT

    ◎音響設備ファイル sound studio Remy

    ◎Rock on Monthly Recommend ADAM AUDIO T Series

    ◎ブリティッシュ・サウンドを現代のワークフローに落とし込む HERITAGE AUDIOの世界

    ◎“これから”の人に向けた制作ツール講座

    ◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル

    ◎GENELEC The Ones Load Test machìna

    ◎ウィーンから新風をもたらすマイク・ブランドAUSTRIAN AUDIO 近藤祥昭

    ◎BOSE T4S~制作/配信/ライブまで対応するコンパクト・デジタル・ミキサー

    ◎CELEMONY Melodyne 5~クリエイティビティを支える進化を遂げた万能オーディオ・エディター


    Remy

    HERITAGE


    ●NEW PRODUCTS

    ◎PREVIEW

    ◎ZOOM H8

    ◎MACKIE. CR3-XBT

    ◎BOYA BY-M800

    ◎AVANTONE CLA-10A

    ◎RADIAL BT-Pro V2

    ◎NEKTAR TECHNOLOGY MIDIFlex 4

    ◎OUTPUT Thermal


    ●LIBRARY

    DIGINOIZ『POP CHANGES BY APOLO』

    GHOST SYNDICATE『NOSTRUM』


    ●DAW AVENUE

    ◎STEINBERG Cubase Pro 10 春野

    ◎MOTU Digital Performer 10 カワイヒデヒロ

    ◎IMAGE-LINE FL Studio 20 Pharien

    ◎AVID Pro Tools tasuku

    ◎PRESONUS Studio One 湯原聡史


    ●COLUMN

    ◎Patch The World For Peace HATAKEN

    ◎realize 細井美裕

    ◎DIYで造るイマーシブ・スタジオ 古賀健一

    ◎The American Dream 浅葉智

    ◎NO PASSION, NO MUSIC Watusi (COLDFEET)

    ◎ケンカイヨシの見解良し! ケンカイヨシ(Loyly Lewis)

    ◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明

    ◎Berlin Calling 浅沼優子

    ◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎

    ◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断

    ◎シンセサイザー・ガールズ 西園寺スペルマ


    ●SOUND & RECORDING REVIEW

    ■NEW DISC ■BOOKS ■RECOMMEND ■NEWS

あなたも好きかもしれません

サウンド&レコーディング・マガジン 2020年10月号 by none ダウンロード PDF EPUB F2