最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

ヤマケイ文庫 山小屋の灯

  • 97 読みたい
  • 21 現在読んでいるもの

発行元 小林 泰彦 .

    Download ヤマケイ文庫 山小屋の灯 本 Epub や Pdf 無料, ヤマケイ文庫 山小屋の灯, オンラインで書籍をダウンロードする ヤマケイ文庫 山小屋の灯 無料で, 本の無料読書 ヤマケイ文庫 山小屋の灯オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ヤマケイ文庫 山小屋の灯 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小林 百合子, 野川かさね
    • シリーズ名:  ヤマケイ文庫
    • 発売日:  2021年01月18日
    • 出版社:  山と溪谷社
    • 商品番号:  4694635049050
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※この電子書籍は、固定型レイアウトです。

    リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。


    登る先にはいつも山小屋があって、その灯が、歩くべき道を教えてくれる。


    「山小屋」という響きにどこか憧れを持ってしまうのはなぜでしょう。

    本書は山小屋をこよなく愛し、全国の山小屋を訪ね歩いてきた編集者と写真家によるフォトエッセイ集。

    東京から日帰りでふらりと登れる高尾山、静かな森歩きを楽しめる北八ヶ岳、温泉を楽しめる東北の山。山々が果てしなく連なる北アルプス最奧まで。

    山が違えば山小屋の佇まいも変わり、出会う人も様々です。

    本書では著者たちが2年間に歩いた山と滞在した山小屋16軒について情感豊かに、ときにユーモアたっぷりにそのエピソードが語られます。


    山頂を目指してせっせと登る山もいいですが、個性豊かな山小屋を目的に登るゆったりした山登りがあっていいと著者たちが語るように、山と人、山と街をつなぐような、感性豊かな登山の楽しみをじっくりと味わえる一冊です。

    写真家・野川かさねによる、美しい撮り下ろし写真も満載です。

    巻末には登場した山小屋の詳細情報やそこに至るまでの詳細なルート情報、地図なども収録。

    春夏秋冬、季節ごとに訪れたい山小屋が見つかるはずです。


    ■掲載山小屋

    十文字小屋(奥秩父)/山の鼻小屋(尾瀬)/丸川荘(大菩薩嶺)/マナスル山荘本館(南アルプス前衛)/ころぼっくるひゅって(霧ヶ峰)、蓼科山荘(八ヶ岳)/両俣小屋(南アルプス)/雲ノ平山荘(北アルプス)/船窪小屋(北アルプス)/駒の小屋(尾瀬)/雁坂小屋(奥秩父)/城山茶屋(高尾)/嘉門次小屋(北アルプス)/日の出館(富士山)/くろがね小屋(東北)/しらびそ小屋(八ヶ岳)

あなたも好きかもしれません

ヤマケイ文庫 山小屋の灯 by 小林 泰彦 ダウンロード PDF EPUB F2