最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

近世日本国民史 明治三傑 西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允 (講談社学術文庫)

  • 80 読みたい
  • 15 現在読んでいるもの

発行元 徳富蘇峰 .

    Download 近世日本国民史 明治三傑 西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允 (講談社学術文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 近世日本国民史 明治三傑 西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允 (講談社学術文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 近世日本国民史 明治三傑 西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允 (講談社学術文庫) 無料で, 本の無料読書 近世日本国民史 明治三傑 西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允 (講談社学術文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 近世日本国民史 明治三傑 西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允 (講談社学術文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  徳富蘇峰, 平泉澄
    • レーベル:  講談社学術文庫
    • シリーズ名:  近世日本国民史
    • 発売日:  2013年08月02日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000031962
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    大久保利通、参朝の途次紀尾井坂にて凶刃に斃る。時に明治十一年五月、木戸孝允病死後一ヶ年、西郷隆盛自刃より八ヵ月、共に手を携えて維新回天を成就したる後袂を分って朝野に分離し、互いに死闘を演じたる三人、年を隔てずして逝く。絶大の大史筆ここに至って明治の重大事件の綱領を口述せんと期すも既に齢に余裕なく多く三傑の回想感慨に耽ける状、恰も沖天の火炎燃えつくしてなお余燼を存するに似て、通史の興味まさに津々。(講談社学術文庫)

あなたも好きかもしれません

近世日本国民史 明治三傑 西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允 (講談社学術文庫) by 徳富蘇峰 ダウンロード PDF EPUB F2