最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

君はレフティ (小学館文庫)

  • 47 読みたい
  • 64 現在読んでいるもの

発行元 額賀 澪 .

    Download 君はレフティ (小学館文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 君はレフティ (小学館文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 君はレフティ (小学館文庫) 無料で, 本の無料読書 君はレフティ (小学館文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 君はレフティ (小学館文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  額賀澪
    • レーベル:  小学館文庫
    • シリーズ名:  君はレフティ
    • 発売日:  2019年08月06日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4326392690001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    200%ピュアな恋愛小説、待望の文庫化!


     夏休み中、交通事故に遭った古谷野真樹(高2)。命に別状はなかったが後遺症ですべての記憶を失った。新学期が始まり、現在では見知らぬ人ばかりになってしまった学校生活に復帰する古谷野。友人達は温かく迎えてくれるが妙な孤独感は否めない。

     同じクラスで同じ写真部の生駒桂佑と春日まどかとの友情を支えに、古谷野の日常は戻りつつあった。そんなある日、文化祭の準備に明け暮れる高校で謎の落書き事件が勃発。当初、他愛ないいたずらかと思われていた落書きだったが、体育館の壁→クラス日誌→クラスの黒板→文化祭の公式Twitter、とどんどんエスカレートしていく。そして、その落書きはあたかも古谷野に向けられたメッセージのようだった。

     最初はとまどっていたが、自分を取り戻す大切な秘密が隠されているのでは、と気づき、落書きの謎を追い始めた古谷野。その謎を追っていくうちに次々に見えてきてしまった親友の秘密。そして、最後の最後に見えてきた真相とは……。

     疾走感のある文章に引っ張り込まれ、ラスト、驚きの展開が待っている。学園ミステリーの向こうに見えてくる切ない切ない想いが胸に迫る、極上の一冊。


    ※この作品は『君はレフティ』(単行本版)の文庫版となります。

あなたも好きかもしれません

君はレフティ (小学館文庫) by 額賀 澪 ダウンロード PDF EPUB F2