最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

お礼とサービス、やり過ぎくらいがちょうどいい

  • 13 読みたい
  • 97 現在読んでいるもの

発行元 近藤昌平 .

    Download お礼とサービス、やり過ぎくらいがちょうどいい 本 Epub や Pdf 無料, お礼とサービス、やり過ぎくらいがちょうどいい, オンラインで書籍をダウンロードする お礼とサービス、やり過ぎくらいがちょうどいい 無料で, 本の無料読書 お礼とサービス、やり過ぎくらいがちょうどいいオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 お礼とサービス、やり過ぎくらいがちょうどいい 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  近藤昌平
    • 発売日:  2014年09月09日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000003947
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    仕事を楽しんで、人生を豊かにする「間違いない」方法は、“広くて、深く、長い”人脈=人間関係を作ること!「当世、まれに見るバカ息子」と周囲から罵声を浴びせられながら、祖父の代から続いた老舗の和菓子屋を廃業。「これからはケーキの時代」を信念に、1966年、洋菓子屋ボンボヌールを設立。しかしケーキ職人はゼロ、テーマカラーも当時タブーとされた黒一色……さらに無店舗営業と来て周囲を不安にさせながらも、数多の有名ブランドをおさえて「引き出物といえばボンボヌール」「菓子業界の革命児」の名をほしいままにし、1,000以上のオリジナル商品を世に送り出して人々を沸かせる。さらに異業種交流会バブ倶楽部を開催、総計数万人と交流し、今もその数は増加中……。一体どうしてそんなことが可能なのか? その裏には、広大で深く、濃い人脈=人間関係と、それを構築するための“お礼とサービス”があったーー。

あなたも好きかもしれません

お礼とサービス、やり過ぎくらいがちょうどいい by 近藤昌平 ダウンロード PDF EPUB F2