最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

二・二六事件蹶起将校 最後の手記 (文春文庫)

  • 49 読みたい
  • 96 現在読んでいるもの

発行元 磯部浅一 .

    Download 二・二六事件蹶起将校 最後の手記 (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 二・二六事件蹶起将校 最後の手記 (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 二・二六事件蹶起将校 最後の手記 (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 二・二六事件蹶起将校 最後の手記 (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 二・二六事件蹶起将校 最後の手記 (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  山本 又, 保阪正康・解説
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2015年09月25日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000002687
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    昭和11年2月26日、青年将校たちに率いられた約1500名の兵士は、首相官邸、警視庁などを占拠し、高橋是清大蔵大臣ら三人の要人を暗殺したーーこれが日本近代史上、最大のクーデター、二・二六事件である。

    青年将校たちは何を思い、決起したのか。事件から72年後、獄中手記「二・二六事件日本革命史」が発見された。決起将校の中心人物・安藤輝三から依頼され、みずからも決起に参加した当時42歳の予備将校が見た激動の四日間が、そこには詳細に記されていた。


    昭和史研究家の第一人者、保阪正康氏の長文の解説つき。

あなたも好きかもしれません

二・二六事件蹶起将校 最後の手記 (文春文庫) by 磯部浅一 ダウンロード PDF EPUB F2