最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

フードバリューチェーンが変える日本農業 (日本経済新聞出版)

  • 70 読みたい
  • 9 現在読んでいるもの

発行元 アンドレ・アンドニアン .

    Download フードバリューチェーンが変える日本農業 (日本経済新聞出版) 本 Epub や Pdf 無料, フードバリューチェーンが変える日本農業 (日本経済新聞出版), オンラインで書籍をダウンロードする フードバリューチェーンが変える日本農業 (日本経済新聞出版) 無料で, 本の無料読書 フードバリューチェーンが変える日本農業 (日本経済新聞出版)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 フードバリューチェーンが変える日本農業 (日本経済新聞出版) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大泉一貫
    • レーベル:  日本経済新聞出版
    • 発売日:  2020年04月01日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4660005932332
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ◆農家の数はこれから10年で110万戸から40万戸に急減する。ただ減るのではなく、全体の中で新規の就農者が3分の1を占め、大規模農家の生産シェアが7割を超えるようになる。一般産業並みのICT化や流通チェーンの高度化、生産物の高付加価値化や、マーケットインの導入が急速に進み生産性革命が起きようとしている。本書は、日本の農業、農政に精通し、現場を知る著者が、農家の目線にたち、これから起きる変化、リスクとチャンスを伝える。


    ◆1990年から2010年までの20年は日本の農業の生産性は停滞していたが、それからの10年ですでに大きな変化が起きている。生産性を比較すると、都道府県レベルでは2、3倍、市町村レベルでは5倍、経営体レベルでは10倍に格差が広がりつつあるという調査結果もある。それを主導するのがICT化とフードバリューチェーン化だ。


    ◆一口でICT化といっても、一般企業と変わらない経営効率化やデータ利活用から、農業特有の機具の高度化まで様々。フードバリューチェーン化も大きく垂直型と水平型に分かれ、企業主導のものから、販売部門を強化した農業経営体まで様々な事例を紹介。コメ政策だけでない経営強化策も含めた幅広い意味での農政の動向もまじえながら、これからを展望する。

あなたも好きかもしれません

フードバリューチェーンが変える日本農業 (日本経済新聞出版) by アンドレ・アンドニアン ダウンロード PDF EPUB F2