最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力

  • 79 読みたい
  • 40 現在読んでいるもの

発行元 レタスクラブムック編集部 .

    Download ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力 本 Epub や Pdf 無料, ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力, オンラインで書籍をダウンロードする ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力 無料で, 本の無料読書 ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  風間トオル
    • シリーズ名:  ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力
    • 発売日:  2016年10月04日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4913996150001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「洗濯機がお風呂がわり」「虫歯は放置か、ペンチで抜く」「空腹のあまり、カマキリの足をかじった」「草を食べて空腹を満たした」など幼少期の貧乏仰天エピソードで『徹子の部屋』で話題になり、『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』では「貧乏代表」「貧乏レジェンド」と称されるまでになった風間トオルさん。一方、逆境のなかでも明るく前向きに、グレず、へこまず、生きていられたのは、おばあちゃんから受け継いだ知恵と人生哲学があったからだという。発売当初から話題となり、アマゾンのレビューでは★5つが29、メディア取材も50件を超えた。下流、ワーキングプア、年金崩壊、格差社会……暗い話題の多い昨今、本書には「大丈夫」と背中を押すメッセージが詰まっている。貧乏はつらいけど、不幸じゃない。テレビでは語れなかったエピソードや心模様、思い出、人生哲学を1冊に。

あなたも好きかもしれません

ビンボー魂 おばあちゃんが遺してくれた生き抜く力 by レタスクラブムック編集部 ダウンロード PDF EPUB F2

以前から風間トオルさんの生い立ちは、TVで知っていましたが
本を出されていることを知って、フアンでもあったので、早速購入していました
色々苦労されているのに、TVを通しての風間さんは上品で
苦労なされたのを全く感じさせず、本当に人間ができた人だと
この本を読んで感じさせられました